引越しの「荷造りパック」のメリットとデメリット

引越し業者には、様々なプランが用意されていますが、少しでも楽をしたいと思うのであれば荷造りプランというものがあるので、おススメです。文字通り搬出・搬入のみの基本パックに荷造りがプラスされたものとなっていますので「基本プラン」と比べると多少金額が割高になってしまいますが、時間に余裕がない方などが最もよく利用されるプランの一つではあります。ここでは「荷造りパック」の内容についてお教えしたいと思います。
引越しをする際には、荷造りの他にも近所への挨拶回りや色々な手続き、契約の解除や清掃など、する事が山ほど出てくるでしょう。「荷造りパック」は引っ越し業者が、引っ越す前の荷造りのみを全て行ってくれ、あとは家具や・家電の梱包、荷物の搬出と搬入を行ってくれるというプランです。

「荷造りパック」のメリットというのは、やはり短時間で引越しの準備が効率よくできるという点でしょう。また、プロが梱包してくれるので、運搬の際の割れ物などの心配もありません。逆に「荷造りパックの」のデメリットというのは、やはり基本パックと比べると料金が割高になるという点でしょう。また、事前に業者の人が家に来て荷造りを行う事になるので、多少の気遣いなどが必要になるという点です。そして、準備をしている間は外出できないので家に拘束されてしまいます。全てを梱包するので、不要品などの整理を行う事ができません。

このようにみるとデメリットの方が多いように感じますが、引越しの荷造りが面倒に感じる人にとっては、荷造りパックは魅力的でしょう。ただし、荷解きに関しては自分で行わなくてはいけないという事は覚えておきましょう。

ここで、注意してもらいたいのが、荷造りの際にダンボールの側面に何を梱包しているのかというのを分かるように記載してもらうという事です。そうでないと、荷解きの時に何がどこに入っているのか分からなくなるので、必要な物を探す時に苦労してしまいます。
none